プロジェクト  →  Startupbootcamp Scale Osaka コホート#1(第1期)  →  Sitata

Sitataはリアルタイムの健康や安全情報を届けることで、旅行を安全にします。

ウェブ: sitata.com
カテゴリー: トラベル&ツーリズム – セーフティとセキュリティ
会社所在地: カナダ 

市場からの非常に強い要望を受け、グローバルの健康、安全プラットフォームは、日本市場でのサポートをできる状態になりました。Sitataは、2020年12月30日のCOVID-19の検出と1月2日の旅行者への警告によって、彼らの価値を示しました。結果として、Sitataはいくつかの日本の大企業との協業の機会を手にしました。

毎年、12億人の旅行者がおり、20%が海外でのサポートを求めています。これは、慣れない環境でサポートを求める人がかなり多くいることを意味します。Sitataはリアルタイムの健康や安全情報を届けることで、旅行を安全にします。我々のウェブプラットフォームとモバイルアプリは旅行者の旅程を収集し、彼らが必要な旅先でのワクチンや緊急電話番号、病院情報、安全のアドバイスなど健康・安全情報を旅前に提供します。

事業のパートナー

SMBC

Sitataは何をしている会社ですか?

12億人の海外旅行者のうち2億4000万人以上が海外で助けを求めていますが、助けを求めるために電話をするのは20%未満です。実は、モバイルテクノロジーは旅行事故を防ぐことができず、またその事故がいつ起こるのかについてのサポートはほとんどありません。Sitataは、安心して旅をするための、旅のコンパニオンです。我々は、ソフトウェアを利用し世界中の旅行先の災害を監視し、フライトの遅延から暴力にいたるあらゆることについてほぼリアルタイムで地上にいるユーザーに通知します。我々のチャットベースのアシスタンスは、ボタンを押すだけで、旅行医学の専門家とのビデオ相談を含む援助を提供します。Sitataは、従業員の安全を守るため、また休暇旅行者への加入として、企業にこのサービスを販売しています。

 

あなた/創業者はどのようにしてアイディアを思いつきましたか?

Sitataは、実際は経験の組み合わせでした。まず、残念なことに、私は過去にいくつかのあまり良くない旅行を経験しました。暴力的な抗議活動から酷い食中毒にいたるあらゆることです。毎回、私が求めていた便利な援助を得るのに苦労しました。一方、Sitataは、世界中の病気の拡大を防ぐことを支援したいという父の野心から生まれました。父は、カナダで最初の緊急事態対策局長を退職し、SARSの早期発見に認定された世界初の自動化されたデジタル疾患検出システム(GPHIN)の作成を担当しました。Sitataを作成するために、彼がGPHINから学んだことを取り入れ、最新のアルゴリズムを導入し、病気の検出から旅行を妨害するあらゆるものに範囲を広げました。

 

あなたとあなたのチームについて教えてください。

Sitataの創業者は、RonaldとAdam St. Johnです。Ronaldはイェール大学、コロンビア大学、ハーバード大学を卒業し、公衆衛生の世界で30年以上過ごしてきました。彼は、WHO、CDC、および世界中のいくつかの連邦政府の公衆衛生部門と協議していた経験があります。 Adamは、カナダのクイーンズ大学にて機械工学を卒業し、工学科学の修士号を取得しており、22年以上のソフトウェア経験を持っています。また、彼は元となる技術的専門知識を会社にもたらし、現在は事業開発と会社の戦略に焦点を当てています。彼はまたソフトウェア開発者とビジネス開発アソシエイトのチームも持っています。 さらに、世界中の旅行者に公開する前に、24時間体制で旅行を中断させる可能性のあるイベントを分析するためのコンテンツ分析チームがあります。弊社のアドバイザリーボードは、旅行、公衆衛生、保険業界の経験を持つ専門家から構成されています。

 

Sitataの代替品はありますか?

企業の旅行リスクのコンサルティングと支援サービスに焦点を当てたいくつかのレガシー競合他社がいます。一般的に、それらの会社はテクノロジーの提供に苦労していたり、個人会員のみであったり、非常に価格が高い場合があります。対照的に、Sitataはテクノロジーを先導しており、競争力のある価格設定になっています。さらに、法人旅行者であれ休暇旅行者であれ、誰でも弊社のサービスに登録し、利用することができます。最後に、Sitataは旅行者が医療専門家に迅速に接続できるように、プラットフォーム内でアプリ内遠隔医療サポートを提供した最初の企業でもあります。

 

ターゲット顧客はだれですか?

国内外のスタッフや同僚の安全を保ちたいと考えている企業の旅行マネージャーに大いに共感します。とはいえ、休暇旅行にSitataを利用する個人ベースのたくさんの顧客がいます。多くの場合、旅行保険の補足として、または旅行保険を信用していない人にとってよいツールとして利用されています。

 

あなたの製品は業界でどのように差別化していますか?

我々は、企業と休暇旅行者への早期警告と旅行の安全性において業界をリードしてきました。また、APIおよびモバイルソフトウェア開発キットを介してB2B2Cモデルで他のプロバイダーとサービスを束ねた最初の企業でもありました。そのほかに、健康問題を抱えるインドネシアの旅行者をサポートする際、1回も電話をかけずに行えるようにしたのは業界初でした。

 

Sitataのマイルストーンは何ですか?

現在、我々はエンドtoエンドの旅行の安全性への非常に優れた製品を持ち、アメリカとヨーロッパにおける旅行保険会社と共にサービスを展開しています。我々はTechstarsの卒業生であり、間もなくStartupbootcamp Scale Osakaの卒業生になります。日本での当面の目標は、企業パートナーシップを確保し、この市場で我々のサービスを提供することです。最終的には、すべての旅行者が家を出るときにポケットにSitataを入れていくように、プラットフォームの使用を増やしたいと考えています。

 

なぜ日本をターゲットにしようと考えたのですか?

日本は、アジア太平洋地域における旅行エコシステムの非常に重要な国の1つであり、世界貿易においてグローバルな影響力を持っています。日本は、技術を先導しており、製品とサービスは非常に高品質であることが知られています。日本で生き残ることができれば、我々は非常に強力なグローバル組織になるでしょう。

デモデイピッチ資料

スタートアップに連絡する

シェア

コホート#1(第1期)
スタートアップの詳細

国別のスタートアップの情報: