ケーススタディ  →  事業機会のマッピング  →  大手日用品企業

日本の大手日用品企業における将来の事業機会およびベンチャー企業を設立した場合の事業展開の可能性に関して分析、検証を行いました。

ヘルス&ウエルネスとその周辺分野に関する事業機会にアプローチするため、ベンチャー企業を設立し、ビジネスモデルの検証と事業戦略の策定を行いました。

業種: 市場変化の激しい消費財
テクノロジー: ヘルス、ウエルネス
所在地: 海外市場を視野

事業概要

睡眠、対人関係、陶酔感、リラクゼーションを中心としたある一定の時間でのヘルス&ウェルネスにおける新たなビジネスモデルに関して検証を行いました。

チャレンジ

クライアントの親会社はたばこ販売の低迷に直面していました。そこでクライアント企業は新たなビジネスモデルの構築とたばこの効用を代替する副作用の無い物質の探索を迫られました。一定の時間でのヘルス&ウエルネスにおけるマーケットリーダーとしてクライアント企業が再定義される様な新たなビジネスモデルとはどんなものがあるのでしょうか?

成果

8週間という期間の中で成長可能性の高いと検証されたビジネスモデルを有する8社のベンチャー企業を設立しました。 睡眠、対人関係、陶酔感、リラクゼーションにわたる30以上の事業機会を検証し、資本総額約3120億円以上の360社を超えるスタートアップ企業を突き止めました。最終的に、9つの新たな事業機会と4件の新設ベンチャー企業の成長可能性、新たな9つの事業機会に関し各機会に対して2つの新たなビジネスモデルを提示しました。

キーポイント:

strategy-icon_newgreen-150x150@2x

事業機会のマッピング

0

の事業機会の提示

事業機会のマッピング

急速に変化する市場における不確実性を克服し、収益性を見据えた成長機会の見極めを行います。

関連のケーススタディ

Rainmakingとの連携により、具体的なビジネスでの成果を獲得する方法を共に作り上げていきましょう。

お問い合わせ