SBC

Startupbootcampについて

Startupbootcampは世界で20以上の業界特化型アクセラレーションプログラムを展開しています。我々は、メンター、パートナー、投資家を通じてスタートアップに国際的なネットワークを提供し、彼らがスケールするのをサポートしています。

Startupbootcampのプログラムは、コペンハーゲンに本拠を置くコーポレートイノベーションとベンチャー育成を行うレインメーキングイノベーションジャパンによって運営されています。我々は、新しいビジネスを世界的な企業や起業家とともに創造し、アクセラレートし、スケールさせます。

我々は、2010年から、200以上のパートナーとコラボレーション しながら90以上のStartupbootcampプログラムのサイクルを運営してきました。我々のプログラムはフィンテック、デジタルヘルス、インシュアテック、スマートシティ、トレード&トランスポーテーションなどのトピックにフォーカスしています。我々は、IKEA BootcampやHartford InsurTech Hubなどの企業や団体向けにカスタマイズしたプログラムの運営も行っています。

我々は12年以上にわたって海外展開をしてきました。レインメーキングは現在4つの大陸に13のオフィスを持ち、200人以上の起業家、ストラテジスト、プロダクトエキスパート、デベロッパー、デザイナー、投資家からなるグローバルチームを有しています。

SBC

Startupbootcamp Scale Osakaについて

我々の日本での最初のプログラムであるStartupbootcamp Scale Osakaは、急成長している成熟したスタートアップ(確立されたビジネスモデルを持つシード資金調達済の会社 = スケールアップ)向けの世界3位の経済である日本において国内大企業と共に事業展開、実証実験を行うエクイティフリーのプログラムです。

私達のScale Osakaプログラムは、大阪(ならびに関西)を、日本市場への重要なエントリーポイントとして宣言する事を目的としています。日本の中心に位置し、国内の他の都市への素晴らしいアクセスを持っている関西は、2,000万人以上の人口、オランダと同程度のGDPを持った、世界で最も大きな都市圏の一つです。豊かな歴史、高い生活水準(同時に、比較的低いコスト)、巨大なGDP、歴史上稀に見るツーリズムの拡大、(スマートシティ、Society 5.0に集中した)2025年の万博を兼ね備える大阪は、スタートアップにとっては理想的な場所であり、比較的競争が少ない中で、自社のテクノロジーを実証する事や、国内外からの注目を集めながら、国内展開を支援をしてくれる強力なパートナーを見つける事を可能にします。

3か月の間、我々のパートナーは社内の同意と協力を得て、スケールアップとコラボレーションし、革新的なテクノロジーの証明を行うために尽力してきました。我々のスケールアップは、このプログラムを通じて、また、素晴らしい「日本のエキスパート」である起業家、プロフェッショナル、コンサルタントなどのメンターを通じて日本のビジネスカルチャーの複雑性を学びました。彼らは、世界で最も洗練された顧客を持つ日本という国で、商慣習、関係性構築、パートナーへのプロダクト/サービスの詳細な説明を行ってきました。

物理的なデモデーがCOVID-19の影響で中止となった代わりに、実証実験のショーケースとなるこのウェブサイトを作成しました。

Startupbootcamp Scale Osakaの進捗

Startupbootcampのポートフォリオ

Startupbootcamp Scale Osakaのチーム

私達のチーム

Startupbootcamp Scale Osakaのチーム

私達のチーム

Startupbootcamp Scale Osaka

私達のメンター