ウェブ: travelloapp.com
カテゴリー: トラベル、ツーリズム – トラベルテック
会社所在地: オーストラリア

SBCプログラム期間中、私達のアプリを初めて見るであろう日本の顧客に対してTravelloアプリをプロモーションするため、読売新聞とのパートナーシップを締結させました。

Travelloは、180ヵ国で使用されている旅行者のソーシャルネットワークです。消費者向けのソーシャルアプリとしてスタートしましたが、Travelloは80万人以上のユーザーを獲得し、統合されたエンタープライズプラットフォームへと成長しました。これは、幅広い顧客エンゲージメントと多くの旅行者が直面している課題に関するリサーチの結果です。Travelloは旅行会社に対して、これまでになかった消費者へのアプローチが可能なイノベーティブなプラットフォームを提供します。

Travelloのインタビュー

Travelloは何をしている会社ですか?

Travelloは旅行者同士が旅先で繋がり、旅行体験をシェアしたり、ツアーやアクティビティをリアルタイムに予約することのできるプラットフォームを提供するトラベルアプリです。Travelloは、180ヵ国で使用することができる旅行先で繋がりを作り、素晴らしい体験ができる最もシームレスな手段です。

あなた/創業者はどのようにしてアイディアを思いつきましたか?

Travelloは、RyanとMark自身の旅行した経験から生まれました。我々は過去に多くの旅行をし、「旅行者と旅行者」、「旅行者と体験」をシームレスに結び付けるアプリを作りたくなりました。我々の会社のモットーは、「旅行をより良いものに」というもので、Travelloはオンラインとワールドクラスの旅行アプリを結び付ける事で実現します。

あなたとあなたのチームについて教えてください。

Travelloのチームはオーストラリアのブリスベンにいて、全てのプロダクトはインハウスで開発しています。我々は、ワールドクラスのプロダクトを効率的に作ることのできる素晴らしいテックチームを備えています。Travelloのチームメンバー一人ひとりが旅行好きで、9ヵ国の国籍を持つ人材から成り立っています! Travelloのコンセプトに共感する素晴らしいチームを持つことはとても有益です。 

COOで共同創業者のMark Cantoniは、オーストラリアの北クイーンズランドで育ち、若い頃から旅に対する情熱を持ち始めました。Markは、クイーンズランド工科大学で測量の学士を取得した後に働き始め、オーストラリアとイギリスで大規模なプロジェクトに関わりました。Markは、大規模な建設プロジェクトや鉱業、オイル&ガスのインフラプロジェクトに関わる中で測量、エンジニアリングチームのマネジメントなど貴重な経験をしました。その後、Markは、ビジネスにキャリアチェンジをすることに決め、Travelloを始める前には彼自身がリクルートメント、人材会社をクイーンズランドのブリスベンで立ち上げました。Markのキャリアの中で、イギリス、フランス、オーストラリアのラグビーリーグでセミプロとしてプレーしました。2013年にはアメリカのラグビーリーグワールドカップに出場したこともあります。Markの幅広い経験と知識は、Travelloをワールドクラスのテックカンパニーに導くために欠かせないものです。 

CEOで共同創業者のRyan Hanlyは、10年以上の教育とミドルマネジメントの経験があり、チーム、プロジェクトマネジメント、教育法の深い知識だけでなく、スキル継承などの知識を有しています。3年間の権利管理と4年間のJetts fitness centreのオーナーとしての経験は幅広い業界でのスキルセットに繋がりました。15年以上にわたる不動産投資の経験も不動産売買や契約交渉などの点で非常に役立つスキルに繋がりました。このような全ての経験は複数のアップストア機能であるTravelloを9ヵ国で1位、50ヵ国以上でトップ5の旅行アプリにすることに成功しました。

Travelloの代替品はありますか?

いくつか他のソーシャルトラベルプラットフォームや旅先での予約プラットフォームが存在します。しかし、Travelloは、ソーシャルトラベルの要素とリアルタイムでの予約機能をプラットフォームに追加することでユニークです。 Travelloリワードプログラムは世界で一番最初にできました。Travelloリワードはポジティブなエンゲージメントに対する報酬やプラットフォームへの貢献で得る事のできるポイントで、世界中の数千ものツアーやアクティビティでディスカウントを受けることができます。Travelloユーザーはいくつかの方法でポイントを獲得でき、ポイントはいつでもアプリで確認することができます。そのようなユニークでイノベーティブなリワードプログラムはTravelloを競合と差別化し、プラットフォームとして成長させるための大きなドライバーとなります。

ターゲット顧客はだれですか?

我々のターゲット顧客は、基本的には個人旅行者(FIT)で、若者が典型的なデモグラフィです。しかし、Travelloは現在すべてのデモグラフィ、年齢の人々に使用されており、全ての旅行者に広がりつつあります。

あなたの製品は業界でどのように差別化していますか?

Travelloは、旅行業界で完全にユニークです。コミュニティとコマースを我々と同じような方法で結び付けているプレーヤーは他にはいません。 Travelloは、ソーシャルトラベルプラットフォームを数万の体験の予約と結びつけることで、旅行業界と旅行体験を高めようとしています。

Travelloのマイルストーンは何ですか?

Travelloのマイルストーン:

  • 2016年にiOSとAndroidでローンチ
  • 500万ドルを3つのラウンドで資金調達
  • リアルタイムでツアーや体験を予約できるように改善
  • 企業とその顧客を旅先で結び付けるB2B SaaSプラットフォームをローンチ
  • 世界初のTravello Rewards Programのローンチ 
  • クイーンズランド政府とTourism and Events Queenslandとの提携
  • 旅行に関する新しい収益源を生み出そうとしている大企業との提携を開始

今年、Travelloは8ヵ国語で完全にローカライズしたバージョンをローンチ。これを使用して、海外の提携や海外市場での足がかりとします。

なぜ日本をターゲットにしようと考えたのですか?

Startupbootcamp Scale Osakaプログラムは、日本市場と我々のカタリストとしての役割をしています。日本は世界で3番目の経済で、日本国内での読売新聞との提携のような素晴らしい提携は我々にとって非常に魅力的です。 我々は日本でのインバウンド、アウトバウンドに対して大きな機会を感じており、パートナーシップによって日本で拡大できると考えています。

シェア

デモデープレゼンテーション資料

事業のパートナー

メンターの声

スタートアップに連絡する

スタートアップの詳細

国別のスタートアップの情報

レインメーキングイノベーションジャパン(RMIJ)は、レインメーキングイノベーショングループの日本国内での子会社です。 現在、RMIJはStartupbootcamp Scale Osakaプログラムを、阪急阪神不動産グループ、JR西日本イノベーションズ、電通、読売新聞、三井住友銀行、JTグループ、さくらインターネットなどの企業パートナーと共同で運営しています。

Rainmaking’s purpose is to help individuals, companies and societies solve big challenges by unleashing the power of entrepreneurship. We utilise our team of experts, global network and local team on the ground to bring value to Japanese corporations.

日本語
English 日本語
Share via
Copy link
Powered by Social Snap