サービス  →  事業機会のマッピング

事業機会のマッピング

「私たちはクライアントと協力して、急速に進化する市場を明確に把握することで、クライアントが目指すべき最適な機会を見極めることができます。」

市場の不確実性を考慮した上での機会の見極め

産業界はかつてないほどの不確実性と変化の渦中に居ります。この状況は多くの企業にとって課題をもたらしますが、変化は新しい革新的なソリューションやビジネスモデルを設計し、実行するチャンスでもあります。

多くの経営者が直面している課題は、イノベーション投資をどこに集中させるか、またどこに集中させないかその見極めに存在しています。

Rainmakingは、新たなビジネスチャンスを見極めるため、データを活用したアプローチを開発し、経営者がビジネスチャンスのポートフォリオに優先順位をつけ、より大きな成果を上げるための支援を行っています。

私たちはそれを「コンパス」と名付けました。コンパスにおいて、現状展開している市場およびその周辺市場、スタートアップ企業の活動状況、既存および新興のテクノロジー、競争環境等に関するデータや注目すべき点を分析を行います。その結果をもとに、今後の成長に焦点を当てたイノベーション構築への事業活動に関してバランスのとれたポートフォリオを構築し、それを明文化したビジネスケースを提示することで、組織のイノベーション促進への道筋を導き出すオーダーメイドのサービスです。

事業機会のマッピング(コンパス)のプロセス

コンパスでは、VCとスタートアップに関するデータを駆使し、企業のイノベーション戦略に関するリスクを軽減、企業の大規模な成長機会(平均約630億円以上)の特定、評価、選択を行います。事業機会のポートフォリオを確立した後、明確で競争力の高いイノベーションへの道筋を構築します。これにより、必要な能力開発着手に向け、実行可能なロードマップを基にしたビジネスケースを構築していきます。

トレンド

何が変化を促しているのか?
業界の課題、新たなトレンド、進化するバリューチェーンを分析することで、何が変化の原動力となっているかを評価を行います。また、市場活動をコンパスで可視化することで、新たなシグナルを見出します。

事業機会

どこで事業を行えば良いのか?
私たちは、第一段階で特定されたそれぞれの機会を深く掘り下げ、事業へのインパクトと実現可能性を評価します。その評価をもとに、組織とその未来への戦略に沿ったイノベーションポートフォリオを構築します。

プランニング

実行への方法論は何か?
企業の目指すイノベーションに対して、企業内部の評価そして外部の評価を検証し、その検証結果を踏まえたイノベーション創出への道筋を作ります。その後、新たな市場に向けた私たちの役割と実行をサポートするため私たちがどの様に関わるべきかについてのマッピングを行います。

実行

どうすれば実現できるのか?
実行へのロードマップを具現化したいくつかのビジネスケースをご提供します。続いて、イノベーションへの道筋として提示された事業機会を捉えるためのスピード感をもった企業行動を支援していきます。

インパクト

0
戦略的プロジェクトが実行へ
0 億円
検証された事業機会の平均価値
0 %以上
Rainmakingとのプログラム実行へ
移行した企業数

ケーススタディ

Rainmakingとの連携により、具体的なビジネスでの成果を獲得する方法を共に作り上げていきましょう。

お問い合わせ