ベンチャービルディングと、それが企業にもたらす価値とは

この記事においては、ベンチャーとは、リスクを取りながらもリターンを得るために新たに創出されたビジネスとします。
企業は、アクセラレータープログラム、VCファンド、ベンチャービルディングと言った様々な方法を通じてベンチャーと関わりを持っています。
ベンチャービルディングとは、新たなベンチャーをゼロから立ち上げ、成長させるプロセスを指します。この記事では、そのベンチャービルディングによるベンチャービルディングというアプローチの利点を以下にいくつかご紹介していきます。

企業とベンチャービルディングの専門家が連携して新規事業領域でのベンチャーを創出するベンチャービルディングは、企業にとっては、その資産を活用してベンチャーを運営することでノベーション戦略を加速させることができるより効果的な方法です。総じて、ベンチャービルディングは、企業がアクセラレーターやVCファンドに参加することで創出しようとするイノベーション手法とは違った様々な利点を享受できるものです。

ベンチャービルディングが企業にとって重要な理由とは?

ベンチャービルディングにより企業は通常のVCやアクセラレータープログラムでは不十分な様々な事業機会やメリットを享受できます。ここでは、VC、アクセラレータープログラムそしてベンチャービルディング、これらのイノベーション創出にどの様な違いがあるか探っていきます。多くの企業にとって重要な要素となるのは、新たに創出するベンチャーに対してどれだけの所有権を有するかという点がある。アクセラレーターやVCを介してスタートアップに投資した場合、その出資を受けたベンチャーの生み出す権利や取扱について権利を有しない場合が多い。しかしながら、新たに創出されたベンチャーはこうした製品の権利や取扱に関する権利は企業側にあり、企業にとって柔軟な対応が可能とあり、インパクトを与えるものとなります。

新たに創出されたベンチャーには、傘下の企業として。グループ全体としての視点で今後生み出す製品に関しても管理が可能となります。新たな分野で成長を遂げているイノベーティブな企業は、多くの場合、デザイン、アクセラレーション、スケールアップという3つの成長段階を踏んでいきます。企業がアクセラレーターやVCファンドを通じて他の企業との関わりを持つ場合、ぞれら3つの成長段階の内、1つの段階、ごく希に2つの段階でのみ掛かり合いを持つことになり、企業や企業の生み出す製品に関してその一部分に触れるといったことに限られてしまうことになりかねません。それとは対照的に、企業にとって、望ましくまた理想的な市場に参加するベンチャービルディングにおいては、企業はその成長・発展に関するそれら3つの段階全てにおいての関与が可能となります。また、これにより大企業は、将来的にこのベンチャーの事業をその中核事業に吸収させることも可能です。その一例として、ソフトバンクが創出した新しいベンチャーがあげられます。ソフトバンクロボティクス は、注目を集めたロボット「Pepper」で有名なソフトバンクが設立し、成功したベンチャーです。

VCファンドと比較した場合、長期的には、ベンチャービルディングは企業にとってより多くの投資に対するリターンをもたらすことが実証されています。第一に、専門チーム、企業からのサポート、および、ベンチャービルディング時に関する実績をもとに、新たに創出されるベンチャーは高い成功確率と長期的にも高い収益性をもつ企業となります。これを、消費者市場における急成長を遂げている企業への投資を検討しているVCファンドと比較すると、ベンチャービルディングモデルは、多くの場合、企業により高いROIをもたらします。

第一に、VCファンドは、少ない費用で創設でき、成長させやすい特定のタイプの企業を重視する傾向にあります。これにより、多くの企業は満足できる利益を得ることができるでしょう。一方、大半のケースでは、企業に対するインパクトを生み出すこともなく、また投資先ベンチャーの株式を大量に取得できるわけでもありません。ベンチャービルディングのプロジェクトを通じて、企業は、自らにより大きなインパクト、ターゲット市場へのより多くの価値をもたらすベンチャーの創出、長期的に企業価値向上の利益を最大に享受することが可能になります。

ベンチャービルディングにはどんなやり方があるのか?

現状、ベンチャービルディングには、「メソドロジー」「クローニング」と「インスティンクト」の3つの手法が一般的に用いられています。

“メソドロジー”を重視したベンチャービルディングは、より手順が明確化され過去に何らかの実績を残したものとなる傾向があります。実績と経験を元に新たなベンチャーを創出するものです。ベンチャービルディングを行ったことが無い企業は、ベンチャービルディング運営支援企業を使い新たなベンチャーの創出を行うことがベストな選択しと言えるでしょう。こうした運営支援企業はベンチャービルディングに関して、創出を継続的に行っていることにより、実績、経験、ノウハウを蓄積しています。Rainmakingは、リスクを軽減した共同出資モデルを通じて、新たなベンチャービルディングに関して確かな実績を持っています。Engie Groupにおいては、このモデルを通じて創出されたベンチャーにより、プロダクトテストを実施し、長期的な利益の確保も行うことができ、同社の収益に大きく貢献しました。

クローニングは、既に他の市場で成功収めているビジネスやスタートアップを別の市場で同じものを展開するというもので、一般的な戦略と言えます。ある市場で所謂コピービジネスの様なものが展開され、拡大されていくと、元々そのビジネスモデルを開発した企業が買収を試みることがあります。そのことでビジネスモデルを開発した企業にとっては結果として新たな市場への進出リスクが低減されます。
このクローニングの例としては、日本市場でのDDフードや楽天リアルタイムテイクアウトが上げられるであろう。Uber Eatsのクローニングであると言えます。

最後に、「インスティンクト」があります。それは、実績豊富な起業家が創出するベンチャーはしばしば直感によるものがあります。これは成功体験から新たなビジネスへの鼻がきくと言うものです。実際に短所・長所、両面がありますが、短所としてはあくまで個人の直感に組織が左右されてしまう点が指摘できます。一方長所としては、経験と実績に裏付けられた目利き力がある点があげられるでしょう。

ベンチャービルディングの成功要因とは?

ベンチャービルディングには様々な選択肢やメソッドがあります。実際にどの様な選択肢やメソッドが成功の要因になるののか、これから見ていきましょう。

ベンチャービルディングは企業自身とは切り離したものであるべきでしょう。企業はスタートアップが業界に風穴を開ける様な、スピード感があり、無駄もなく、適応能力の高いモデルを採用したいと考えているでしょう。ベンチャーは、企業とは全く別物として創出された方が良いでしょう、こうして創出されたベンチャーはスピード感をもって、新たなものを取り込み、構築されたものとなるでしょう。

北欧に拠点を置く日用品関連企業であるWilhelmsenは、既に解決方法を構築していたにも拘わらず、実際にその企業内ではその解決方法を実際にビジネス化する方法論を持ち得ていませんでした。ボイラーへの水の注入という隙間市場へ対応するため同社は新たにスピード感をもってスピンアウトベンチャービルディングしました。このベンチャーは新たな製品展開、新たな成長機会を企業にもたらしました。

ベンチャービルディングには経営管理レベルが関わるべきと言えます。トップ主導で行うべきものでしょう。幹部レベルが関わることで、プロジェクトにより多くのリソースが可能となり、障壁が低減され、目指す方向性がより明確なものとなるでしょう。その結果、成功確率も高くなります。

ベンチャービルディングには長期的なコミットメントが必要です。また明確なガバナンス体制とKPIの構築も必要となります。企業が社内で多くの支持者を獲得するには明確なKPIとその達成が必須のものとなるでしょう。

ベンチャービルディングは、企業が効果的に事業を拡大し、新たな収益源を生み出すことに適した手法です。弊社のRainmaking Innovation Japanチームは、御社のイノベーションの探求にあたり、このプロセスのリスクを軽減し、目標の実現をお手伝いいたします。

リスクを軽減したベンチャービルディングのプロセスについては、こちらをご覧ください。ベンチャービルディングが御社に適しているかについてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ベンチャービルディング

貴社のコアとなるビジネスの枠を超えて、新たに将来性の高いビジネスモデルを構築していきます。

関連の記事&ケーススタディー

Rainmakingとの連携により、具体的なビジネスでの成果を獲得する方法を共に作り上げていきましょう。

お問い合わせ